PETボトルからPETボトルをつくる リサイクルを支える技術 工場見学 会社情報

リサイクルを支える技術

日本で唯一の技術 PRT方式(アイエス法)

新しいリサイクル手法・ケミカルリサイクル

 ケミカルリサイクルは、PETボトルを化学的に分解してPET原料に戻し、再びPET樹脂を作る方法です。内閣府食品安全委員会で承認されたケミカルリサイクルの方法のひとつがペットリファインテクノロジー株式会社のPRT方式(アイエス法)であり、使用済みPETボトルを新しいPETボトルに再生するリサイクルを「PETボトル to PETボトル」と言います。 PETボトルからPETボトルへ

〈原 理〉

 これまで不可能とされていたBHET蒸留法による高純度化を、独自の研究開発で可能にした、常識を打ち破るPET樹脂再生技術です。PET樹脂の構成要素、エチレングリコール(EG)と微量の触媒だけで解重合した粗BHETを精製し、高純度BHETを得た後、再度重合してPETボトル用樹脂に再生する方法で、グリコリシス法を改良した再生技術です。

〈プロセス〉

〈特 徴〉

  1. ラベル・キャップ・異種樹脂との積層・ブレンドボトルが混在してもリサイクルが可能です。
    固形の異物はフィルターで除去 触媒はイオン交換樹脂で除去 分子蒸留で高純度BHETに精製
  2. 再生工程の溶媒はEGだけで、分離精製が容易です。
  3. シンプルな工程で、エネルギー消費量が少ない環境対応型システムです。
  4. PET樹脂換算でほぼ100%の再生効率です。
  5. 高純度BHETは、直接溶融重合工程に投入でき、既設重合設備の利用が可能です。
 

リサイクルを支える技術

日本で唯一の技術
PRT方式(アイエス法)
技術の検証